ワルツダイス(さいころ)ゲーム

サイコロを振って、自分だけのウィンナーワルツを作りましょう!
4 台の機械のうちの 1 台の前に立って、手をセンサーにかざしてください。そしてヴァーチ ャルサイコロを取って、振ってみましょう!同じ動作を 3 回繰り返してください。

どんな楽器がどの機械から聞こえますか?

コンピューターが 4 台の機械から自動的に3種類の楽器を奏でます。

サイコロを振り終えたら自作のワルツを聞いてみてください。このコンピューターによるシ ステムが自動的に 1000 曲以上のメロディーを作り出すことができます。

19 世紀は舞踏会や様々な作曲家によってロマン派のワルツが流行しました。ワルツに国境 はなく、ウィーンから世界中に広まりました。今日ではワルツは身近な社交ダンスとなり、 数え切れない人達に聞かれ、そして踊られています。

4階のミュージアムショップであなたの作ったワルツをご購入いただけます。ゲーム終了後
に表示される数字をお知らせください。

ご存じでしたか…

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトやヨーゼフ・ハイドンも、このゲームを楽しみながら、どのような音楽を作るか決めていました。
18世紀の終わりには、多くのボードゲームがつくられました。こうしたゲームは、喫茶店と家で楽しむのが常でした。さいころゲームも、まさにこれらのうちの1つでした。
こうしたことからわかるとおり、無作為に作曲していく音楽というものは、21世紀の発明ではありません。しかし、この有名な2人の作曲家も、このゲームをコンピュータ・バージョンで楽しむことはありませんでした…